小さい目をくっきりさせる|長年のコンプレックスを治せる美容外科治療|理想の自分に変身できる
女性

長年のコンプレックスを治せる美容外科治療|理想の自分に変身できる

小さい目をくっきりさせる

ナース

多くの人は他人の顔を見る時、真っ先に目に注目します。容姿において、目は当人のイメージを決める部位となるのです。見た目の印象が地味に思える人の特徴といえば、目が小さい人でしょう。一重の人やまぶたが厚ぼったいような状態の人となれば、目のサイズが人よりも小さく見えるため、どれだけお化粧をしても地味な印象を拭えません。目がパッチリと大きな人ですと、ナチュラルメイクをするだけでも多くの人目を惹くほど魅力的に見られます。容姿に関して悩みを持つ人の多くが、この目の大きさによって損をしています。大阪にある美容外科クリニックで治療を受けることで、目の大きさが小さい人の治療を行なうことができます。つけまつげやカラコンなどを駆使した整形メイクによって、目の大きさをカバーしているという人はたくさんいます。しかし、こうしたメイクを長年行なっている人は、誰しもメイクによる限界を感じるものでしょう。整形メイクはやりすぎると不自然な状態となり、またしっかりとメイクをしていても、魅力的な瞳を持つ人と比べるとどうしても見劣りしてしまうのです。大阪の美容外科クリニックでの施術を受ければ、厚ぼったい一重の人でもパッチリとした二重になれます。一度施術を受ければ、ちょっと出かけるだけで鏡の前で何時間もメイクをすることがなくなり、軽くお化粧をするだけで外出ができるようになります。

大阪の美容外科クリニックでは、患者さんの目の状態に合わせて二重整形の施術を決めます。まぶたがそれほど厚い状態ではない人ならば、埋没法による施術を行なってくれるでしょう。この埋没法とは、まぶたに医療用の糸を埋め込むことで、ナチュラルな二重を作ることができる方法です。メスを使用しないので傷跡が残らず、短時間で安く施術を受けられることから、「プチ整形」としても知られる施術方法です。誰でも気軽に受けられる施術方法ですが、まぶたの状態が厚くなっている女性ですと、この埋没法を使ってもしっかりとした効果を得ることができません。そこで、大阪の美容外科クリニックでは、まぶたの厚い女性に対してメスを使った切開法を使用します。メスによってまぶたの一部を切り、縫い合わせることで、幅の広いくっきりとした二重を作ることができるでしょう。切開による二重形成では、まぶたの脂肪を除去する施術方法も行ないます。厚い印象を持たせるまぶたの脂肪を吸引することで、目をより大きく広げ、まるで外国人のようなはっきりとした目元が得られるのです。

最近では、二重整形以外にも、涙袋の形成を希望する女性が増えています。テレビなどでもよく見かける女優やモデルの人の多くに、目の下に涙袋ができています。涙袋があるだけで顔に立体感が生まれ、目元がよりくっきりと強調されるので、目が大きく魅力的な女性に見られやすくなります。大阪の美容外科クリニックでは、涙袋の形成を行なう方法として、目の下にヒアルロン酸注射を行ないます。ヒアルロン酸は皮膚の下に注射することで、注射をした範囲の肌をふっくらとさせることができます。大阪にある美容外科では、注入する量を微調整しながら目元の涙袋を作ります。自然な見た目の涙袋ができるので、人から整形をしたことを悟れられることもありません。

目が小さく見られやすい人の中には、眼瞼下垂と呼ばれる症状が現れている人もいます。この眼瞼下垂とは、目を開く眼瞼挙筋と呼ばれる筋肉が老化によって衰えることや、瞼板と呼ばれる部位から剥離することで発症するとされています。眼瞼下垂の特徴は、目が絶えず半開きな状態となるため、見た目として常に眠そうな状態に見られるということです。また、眼瞼下垂になると視界が塞がれてしまうため、視力を補うために黒目が上まぶたに寄ってしまい、あたかも睨んでいるかのような状態になりやすいということもあります。初めて会った人から、眠そうで不真面目に見られてしまうことや、いつも怒っているかのような印象を持たれることが多いので、眼瞼下垂の人は周りの人から誤解を受けやすいのです。また、目が小さく垂れ目に見られるので、若い年代の人でも老けて見られやすいのも特徴です。こうした眼瞼下垂の症状は、自力での治療はほぼ不可能です。大阪などにある美容外科クリニックで治療をすることで、見た目を改善できるでしょう。クリニックでの治療は、眼瞼下垂の症状を引き起こしている眼瞼挙筋の腱膜を縫い止めることで、まぶたを自然に広げやすくしてくれます。まぶたを広げる筋膜の代わりに糸を使用することで、今まで半開きだったまぶたを綺麗に開くようにできます。埋没法と同じく、切らずに短時間で施術ができるので、眼瞼下垂に悩まされている人は誰でも負担なく治療できるでしょう。